「アフターバーナークライマックス」の配信決定のニュースを聞き、興奮のあまり公式ホームページのブログについコメントを書き込んでしまった神谷です。本当に移植されるなんてマジすげえ! …僕はですねぇ、「アフターバーナークライマックス」こそ、次世代機の何たるかを最もシンプルかつ的確に知らしめることが出来る逸材だとズーッと訴えてきたんですよ。だって戦闘機でフツーじゃ有り得ない場所をカッ飛ばし、向かってくる敵戦闘機の編隊にミサイルを連射してブチ込むなんて、実にゲームらしいロマンとスペクタクルに満ちてるじゃないですか。これを家電量販店の大型テレビコーナーでデモンストレーションしたら、爺ちゃん婆ちゃんも足を止めますよ。リアルにすりゃいいってもんじゃない! 誇張最高! …これでやっとゲームに興味の無い親父にも「これが次世代のゲームだジ(松本弁)」とドヤ顔できます。

(続きを読む…)