敵作りについて
こんにちは、三流プログラマーのドンさんです。
『ベヨネッタ』では主にプレイヤーと敵キャラクター関連を担当していました。


今回、神谷Dとは久しぶりにチームを組むことになりました。前回は『デビルメイクライ』の時で、私が始めてプレイヤーと敵を担当した時でした。
当時まだ3Dの知識が全く無く、3Dの基礎を必死で勉強していた記憶があります。そもそもオリジナルゲーム製作自体が初めてで、敵の作り方などさっぱり解ってなかったですね。
オリジナルで作れることが楽しくて、好き勝手に色々作っていたことを覚えています。雑魚キャラの色を変えて個性をつけて色々種類を増やしたり、ライバルキャラの飛び回る剣の種類をどんどん増やしたりとか、暇さえあれば色々追加していたのを覚えています。



勝手に作ってしまうところが評価された(?)のか、その後も敵作りをさせてもらっています。だんだんこなれてきたせいか、チームが新しくなるごとに担当する敵の数も増えていきました。
『デビルメイクライ』の頃に担当した敵は1/3程度だったのですが、『バイオハザード4』では敵全部になり、『ゴッドハンド』ではプレイヤーと敵全部になっていきました。
今回の『ベヨネッタ』では新人に少し敵を任せたので全ての敵を担当していませんが、95%程度は担当しています。ついでにプレイヤーも担当しています。
もうかれこれ10年くらい敵を作ってきたことになるのですが、それなりに気をつけているポイントなどがあるのでちょっと挙げてみます。



○基本的に仕様書は無い物と考える
敵作りをする上で仕様書は重要なように思えますが、実際には仕様変更があまりにも多いために、ほぼ意味をなしません(最初の指針程度です)。
なので基本的には仕様書には頼らず、関係者による話し合いでイメージを固め、その後は私が好き勝手に作るということが多いです。
特に神谷Dは最初にしっかり考えるタイプではなく、唐突に思いつくタイプなので、臨機応変に対応できる心構えが重要です。



○出来るだけ早く画面上で動かせるようにする
敵作りでは頻繁にトライ&エラーが発生します。出来るだけ早く画面上で動かすことにより、方向性の違いなどによる作り直しなどのダメージを和らげることができます。
最初にしっかり考えておかないからトライ&エラーが多くなるのだと思われますが、根本的にゲーム内容が変わったりすることも多いので、速度で対応します。
それに早く画面上で動かせれば、より多く検証もできるのでクオリティUPにもつながります。



○理不尽な行動をする敵を作らない
例えばプレイヤーが攻撃ボタンを押した瞬間、回避行動やカウンター攻撃をするような敵って私は大嫌いです。
ゲーム中のプレイヤーが予備動作すらとっていないというのに、一体何に反応して回避しているんだコイツは、と思うのです。まさにコンピューターと戦っている気がして冷めてしまいます。
私が作る敵は、私の分身のつもりでいるので、私自身が反応できないであろうタイミングでは回避しないようにしていますし、逆にプレイヤーが反応しているのに避けれない攻撃などはしないように心がけています。
おじさんではありますが、それなりにゲーマーなので、結構反応しますけどね。



○パターン化は出来るだけ避ける
パターン化するとユーザーとしては攻略しやすいと思うのですが、実際面白いかというと作業感のほうが強いのかなと思います。それでも楽しいという場合、別の付加価値がある場合などではないでしょうか?
私は敵を作っている以上、自分が作っているものを楽しんでもらいたいのでパターン化は出来るだけ避けるようにしています。
プレイヤーがガード出来たりするのも、パターン化の温床となったり、ゲームが受身になったりするのであまり好きではありません。
『ゴッドハンド』を作っているときには相手だけガードが出来るのが理不尽だという声をよく聞きました。しかしプレイヤーにガードを入れたら多分単調なゲームになったのだろうなとも思います。それに『ゴッドハンド』ではガードブレイクがあるので、実は理不尽ではなくチャンスだったりします。
『ベヨネッタ』でももちろんガードはありません。



○人のプレイをこっそりしっかり見る
人のプレイを見てると、やり過ぎたところや、足りないところが浮き彫りになってくるのでとても参考になります。
ただ、見られているとハメ技を隠したりする人もいるので、こっそり見るようにはしています。(忍び足は得意です)
こっそりハメ技を使用している開発者を見かけたら、こちらもこっそり対策を練ります(許せませんね)。
ハメ技はパターン化と同じくゲームプレイを単純作業に変えてしまいかねないので、強い敵キャラは特に厳しく対策を練ります。
もちろん、発売されてしまったゲームでユーザーがハメ技を発見しそれを使用することに関しては問題ありません。
それは個人の努力の成果だと思いますので、頑張って探してもらえばいいと思います。しかし開発者がそれをすることは私は許しません。(許しませんとも)



思いつくところではこんなところでしょうか。他にも口先三寸でいかにやりたいことを押し通すかなど人には言えないようなポイントもあるのですが、社内の人間に警戒されてもこまるのでこれくらいにします。



『ベヨネッタ』では以上のことを踏まえつつ、できる限りやり応えのあるように作ったつもりです。
中でもライバルキャラのジャンヌ、巨大な爪を装備しているグレイス&グローリー、獣のようなフェアネス&フィアレスはかなりいい動きをしていると思います。
かなり手強いですが、プレイヤーのベヨネッタの性能も凄くいいので、ちょっと他では味わえないスリリングでハイスピードな戦闘が楽しめると思います。

トラックバック

TrackBackURL :

コメント

厨房 : 2009/10/09 17:05
昨日箱版の体験版早速プレイしました
動きもヌルヌルで操作性も快適なんですけど
動きが早すぎて目で追うのに苦労しましたwww
みーやん : 2009/10/09 17:10
ベヨネッタのブログは読むのとても楽しいです。体験版しました。めちゃめちゃおもろいです。敵の攻撃もいい感じです。よけるタイミング見極めたときグッときます。これからも応援してます。ベヨネッタ楽しみです。
BALL : 2009/10/09 18:23
こんにちは~
ドンさんが担当なさっていたというデビル(マリオネットや幻影剣かな?)やバイオ4、ゴッドハンドのどれもが敵の強さにずいぶん苦労させられました><
特にゴッドハンドの格闘場50は自分のようなヌルゲーマーではついにクリアできませんでしたorz
まぁ自分のレベルに合わせると「簡単すぎる!」と世のゲーマーの皆様からお叱りを受けるゲームになってしまいますでしょうけどw
個人的な感想ですが、どのゲームの敵もただがむしゃらにやったら返り討ちになるけど慣れるとなんとかなるようになってる、というバランスの調整には感嘆するばかりです。

そして昨日、配信されたベヨネッタの体験版をさっそくやらせていただきました。
その中で敵の動きは序盤の一場面のみですが、個人的には弱すぎず、強すぎずで非常に良い感触でした。
ただオカンモードのベヨほどにはベヨを操れないので、デビルやゴッドハンドの最初の頃のように性能を活かしきれず雑魚にも倒される始末ですが;
紹介された敵は体験版にはほぼいなかったので、製品版でやれるのを楽しみにしています!
はるたん : 2009/10/09 18:40
>『ベヨネッタ』でももちろんガードはありません。

超が付くくらいガードが苦手な私には、大変嬉しい仕様です。
って、ここで言われるまで気がつかなかったんですけど。(ガードがないことに)
「ゴッドハンド」もプレイしましたが、ガードがないおかげでクリアできたのかもしれないと、今更ながら思いました。
これからもガードのないアクションゲームを作っていってください!応援しています、ドンさん!
iko : 2009/10/09 18:41
体験版、楽しんでます。
今のところTutorialをやってる時間が長いです(笑)
まだアクションを自分のものにできていないので。

DMC1では、
敵がナイフを投げる前にヒュンヒュンヒュン鳴ったりしましたが、
ベヨでも天使が切りつける前にはキュイーンって鳴りますね。
…ドキっとしたり、チャーンス(キラリン)とします。

あと、確かにベヨの性能いいですね。
ホントにダンテより強そうな気がしてきました。

まだドンさんオススメの敵キャラに会えませんが、
合間見える日を楽しみにしてます!!
  : 2009/10/09 19:18
ドンさんの作る敵は本当に面白い!
例の「ライバルキャラ」は全ゲーム中で一番熱く楽しいボスだと信じています。
体験版のジャンヌからも、彼に通ずるものを8年ぶりに感じました。
1プレイヤー : 2009/10/09 19:56
敵をの行動パターンは単純ではないみたいですね。

>>体験版
プレイしていて思ったのですが刀を装備しているのにスカボロをまわす音が回避とかなどに聞こえるのですがこれは体験版しようだからですよね?
気になったので書いてみました。
ペコ : 2009/10/09 21:27
体験版しました。
確かに理不尽な敵の攻撃はないですね
慣れると、目で見て避けられるのがいいです。

今回、敵のやられっぷりに笑いました。
ケツを蹴られる天使って業界初ですよね!
製品版楽しみにしてます。
TSK : 2009/10/09 21:35
GOD HANDの敵も作られていたのですか・・・

DMCもGOD HANDも敵の動き大好きだったのでベヨネッタも期待してます。
ボブおじさん : 2009/10/09 23:11
私も敵が理不尽な攻撃をしてくるとイラッとします笑

体験版プレイしました!!!
めっちゃ良かったです(^ω^)
発売が待ち遠しいです(´ω`)
ベ世朗 : 2009/10/09 23:34
デビルメイクライは好きなシリーズだったので、
べヨネッタも同じ雰囲気ですぐに好きになりました。
奇妙な敵もDMC同様センスがよくとても魅力的です。
今回、橋や地面がめまぐるしく変化するステージがあるので、
それに合わせて敵もいろんなアクションで飽きない演出が冴えましたね。

ついでに以前コメントしたのが消されていてかなりショックでした。
ファンとしていろいろ聞いてもらいたかったのにまさか消されると思わなかった。
みさ : 2009/10/10 00:04
絶妙な敵の回避具合にとても期待します!
早く製品版やりたいなぁ。
S : 2009/10/10 01:13
デビルメイクライにゴッドハンド
これはまさに自分の為に作られているような気がしてならない。
それはドンさんの、バランス感覚が、絶妙のいい塩梅だからだと
身体が理解しています。
ベヨネッタも存分に僕になじむことでしょう。
デビルメイクライを発売日に手に入れ、八年間遊んでいます。
ゴッドハンドも同様に。本気で好きなんです、愛といってもいい。
お気に入りのレコードの様に、生涯の友となっています。

次世代機を買い渋っていたところに、べヨネッタの登場です。
いよいよですね。

このような素晴らしい作品を手がけた
スタッフの皆様に、ありがとう、と心より叫びたい。
K : 2009/10/10 03:20
うんうん!と共感を呼ぶポイントばかりでしたが、絞めの「私は許しません。(許しませんとも)」が特にカッコイイですね。
体験版をプレイしましたが、御言葉通り、いい動きに調整されていたと思います。製品版が たのしみです。
BraveRUKIA : 2009/10/10 14:06
もろプレイヤー視点で驚きました。
否定されていることが肯定されているゲームてたまにありますが、
本当につまんないですよね。
天使たちが生き生きとしているので、まるでこっちはヒールのような感覚に…
まあ
天使狩ってる時点でベヨは地獄逝き確実でしょうけどw
n472 : 2009/10/10 17:22
面白い話が聞けてよかったです
特に幻影剣のくだりの真相は意外な感じがしました
体験版も面白かったので製品版にも期待してますよ
knight : 2009/10/10 20:42
今日札幌の淀で店頭体験会行ってきましたよー。始まって1時間経たないうちに人がかなり集まってたので、早めに並んどいて良かったです。
初めてのプレイでしたが、デビルメイクライと同じ感覚で操作していて、全然違和感がありませんでした。残念なのは、体験版ではノーマルとイージーしか選べないので、少し物足りなかったことです。まぁそれは製品版でやればいいんですけどねw勿論店頭で予約してきました。
操作、申し分ありません。武器のバリエーションも豊富なので、コンボの数が大変なことになっていて、製作者さんがたは相当苦労してるとおもいますw
体験版では修羅刃の溜め切り(居合い切り?)が気に入りました!

発売前に体験版をDLしてやりこんでおきますねw
あと半月で発売、楽しみにしています!
yoshi : 2009/10/10 23:41
アクション苦手なんで、発売してから様子を見て買おうと思っていました。
でも、今日体験版をプレイしたら面白くてゲーム予約しました。
古いおっさん : 2009/10/11 11:24
体験版遊んでみました。

導入から超クールですね。

コンボも分かってくると楽しい。
体験版でいきなり姐さんをスッポンポンにできたのも大満足。

こんだけ派手なら海外でもウケは良さそう、反応が楽しみですね。

とにかく発売日が待ち遠しい!
不屈の民 : 2009/10/11 23:14
体験版おもしろかったです。
大魔獣召喚好きなタイミング(雑魚戦)でぐりぐり動かして使えると思っていたのでそこは少し残念ですが、映像の美しさやアクションのヴァリエーションの豊富さは現在最高峰という感じがします。敵のデザインもとてもかっこいいし♪
あとは長く遊べるようなやりこみ要素やコスチュームチェンジ等があることを期待しています。コロシアムみたいなところで次々現れる天使たちを倒すモードとか(?)、ポイントを貯めて色々な装備が購入出来るとか。ストーリーだけを周回しているだけじゃ飽きますからね~。
とにかく、久しぶりにゲームの発売日を待つのがワクワクしています。
kosmos : 2009/10/12 14:01
PS3&箱〇版のベヨネッタ体験版プレイしました^^
デビルメイクライを初めてプレイした時の感動がありました~本当に発売が楽しみです。
ぬ : 2009/10/13 00:39
体験版やりました!PS3は持ってるけどFF13とGT5が出るまでは何も買う予定がなかったんですがこれ超面白いです早速密林で予約しちゃいました
通りすがりですが : 2009/10/13 04:34
動画サイトの体験版プレイを見て、そもそもの箱から買ってしまいました!
(ずーと二の足を踏んでましたが。)

鍛錬を重ね、ベヨ姉さんにスッゴイ活躍をして貰いたいです。

特に、ケツを蹴り上げてギロチンに叩き込みたい!

ソフト・ハード共に、届くのが楽しみです。
デビルトリガー : 2009/10/13 12:02
理不尽な行動を取る敵は僕も大っ嫌いです!!
いつも「お前らはボタンを押す動作を要せずにやろうと思った瞬間に動くからそんな事出来るんだろ!!畜生〜!!」と・・・単に自分の力不足なのは解ってますが。
デビル4でギリギリな僕では長い道のりになりそうです;;
それでも、ドンさんが(色々厳しめではあっても)理不尽はしない人であるのが「差し込んだ光」です(苦笑)
単調うんぬん言いますが、凄腕さん方は「その通り!!」でも、僕みたいな回避とかのタイミング系が苦手な奴には「そうですよねぇ〜;;で、でもぉ〜(泣)」なんです。凄腕さん方にとっては「喧しいわ、雑魚が!!」ですよね。すいません;;
とにかく精進してクリアするまで挑み続けます。
方 : 2009/10/13 19:36
体験版の橋壊すでかいボスはワンパターンですけど、当然製品版では面白い動きを見せてくれるものと期待しています。
(`・ω| : 2009/10/13 20:02
たいけんばんやりましたすごいたのしかつたです。
ベヨネッタっておばさんがグルグルまわったり
かみのけぶんぶんやったりしてすげーとおもいました。
カツカレーの次にベヨネッタがすきになりました
mako9 : 2009/10/13 20:06
ベヨネッタ、凄く楽しみにしています。
体験版をプレイしてみましたが、神谷さんの新作というだけあって、スタイリッシュさと爽快感がすごかったです。
僕はPS3版を買いますが、ベヨネッタはネット上でいわゆるゲハ住民と言われる特定ハード信者の人達にも話題性がバツグンらしく、僕もはやく製品版がプレイしたいですねぇ。
よねった : 2009/10/13 20:20
体験版プレイしました、なかなか面白かったです
楽しみベヨー : 2009/10/13 22:03
青い服を着た天使がライバルです。
あいつは弾をはじいた後サイコで突っ込んでくるです。
そこを華麗にスルーしてコンボ叩き込むです。
気持ちいいです。
そんな敵を考えたプラチナの中の人最高ですw
深夜投稿 : 2009/10/14 01:25
体験版だけでもおもしろくて30回以上やってる・・・w


製品版が欲しすぎるw
てけてけK.H : 2009/10/17 22:30
PS3体験版初めてやりました。すげー気持ちいいww
小学生の子供の前では遊べないので購入は躊躇しているところですw
このブログ、書く人が自由に書いている感じで見てて楽しいですw
「許しません。(許しませんとも)」は何か笑ってしまったwww

コメントの投稿