ベヨネッタの武器その3

やあ皆さん。BAYO-TV Vol.08は見てくれたかな?
私は自分がアレ過ぎて最後まで見てられなかったぞ!

ちなみにあの格好は何かというと
海外のBAYO-Blogで使っている私のバナーです。

バナー

まあ橋本Pに聞いたところBAYO-TV海外版はまだ未定とのことで
これじゃあ本当に意味不明なのでここに示しておく所存。

あとプラチナ創立時に書いたブログに使ってたキャラだったりします。
http://platinumgames-blog.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_0bc9.html
http://platinumgames-blog.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_5856.html
こちらも暇ができれば再開したいところです。

さて皆様、もう最高難易度などにチャレンジしている頃でしょうか?
実は私、開発最後の方で上位2難易度のポイントチェックをやっておりました。
とりあえず「普通の人類でも努力しだいでピュアプラチナを取れるように」との依頼でしたので「普通の人類代表」で締め切り間際まで調整していました。
コンボポイントを稼ぐ上で結構重要な要素の一つに、各イベントアクションがあります。今回は複雑な操作を避け、戦闘中は直感的なボタン連打やレバー回転に絞っているのですが…
朝から晩までポイントをためるために連打と回転を限界まで何週間もやり続けたため明らかに右前腕だけがが太く。何コレ新しいトレーニング器具?(右腕限定)

そんなアクションの内「ドSアクションBayonetta」を象徴するものは
銃、召喚に続く第三の武器、逆魔女狩り「トーチャーアタック」でしょう。

トーチャーアタック
・アイアンメイデン
・ギロチン

まず最初に思いついたのがアイアンメイデン。
一番ピンと来るアイテムなんで早々に決まり、以降コレを基準にデザインをしていくことになります。
中世の実物っぽく顔の造形が適当なのがポイント。
もっとも実際ゲームでただぶち込むだけでは面白くないので生物のような動きをさせることに。
あげくゲップまでしてしまうのはゲームを見ての通りです。

ギロチンもメジャーどころなので押さえておきます。
ただ道具を使ったアクションは、「発動したらそれでお終い」になりがちなので
神谷Dとモーション担当スタッフの間で言葉だけで聞くととても外には出せないやり取りで工夫を凝らしていました。
(例:「めっちゃケツを蹴りまくる」「ゆーっくり真っ二つ」「亀甲縛り」)
デザインは黒地に金象眼の基本色に加え、今回の事件以前から使っていたと思わせる「以前の獲物」の首を側面に配しておきました。
因みにこれでトドメを刺せなかった敵は首が生えてきます。さすが天使(?)

墓石
・墓
・チェーンソー

前述の二つが前方からと後方からの攻撃となったので、今度はダウン中の攻撃として「墓石落とし」をデザイン。
色々描きましたが最終的に一番右の物に。
連打の回数に応じて大きく、豪華になります。
一時期ランダムで和風の墓が降ってきましたが、神谷Pのアイディアで16tのオモリに変更。
アンタどんだけファンタジーゾーン好きやねん。(私的にはメガドライブ・ゲーム図書館の「16t」のイメージ。)

近年のトレンド凶器、チェーンソーは動きがない分デザインを生物っぽく。多分魔界ではこれが群れで泳いでいるという。

魔界生物
・三角石馬
・謎の魚(ボツ案)

これもSには欠かせないアイテム。登場シーンを見てもらえば分かる通りこれも生きています。
背中には棘が付いていて大変痛そうです。あとセットで薔薇の鞭が付く予定になっていました。
これに関してはむしろやられるジョイの亀甲縛りが大変でした。
どうやって縛るのかとうぜん分からないので就業中にアレなサイトを見て作る羽目に・・・

魚はボツ案です。
風船でファイトするアレの魚のイメージだったのですが入れる所が無いので今回は見送り。

万力
・万力
・ミキサー(ボツ案)
・トリカゴ(ボツ案)

万力は私が他で忙しかった時期、ピンチヒッターとしてシマコがデザインしてくれました。
掌の洗濯板風ギザギザが素敵。
ゲーム中の入力はレバー回転で、じーっくりハンドルをまわすベヨネッタと相まって
ゲーム中で一番プレイヤーとキャラクターがシンクロしているかと思います。

ミキサーは入れる所が無いのでボツに。ただこれが入っていたら色々な意味で大変なことになったと思います。

トリカゴは中世に実際あった物ですが、アクションのしようが無いのでボツに。
これに鎖をつけて振り回すとかやりたかったのですが「闘将!!拉○男の○刻牢犬操みたいな」と説明しても
誰も分かってくれませんでしたチクショー。

この他にもトーチャーアタックは色々ありますがどれもドSな素敵ギミックを凝らした物なのでじっくり見てみるのも一興じゃないかと思います。
今回使えなかったネタは次回があれば使ってみたいですね。武器共々他のゲームにも出てくるかも?
プラチナゲームズの武器担当としては今後もこういうイカス武器をデザインしていく所存であります。
目指せゲーム界のDARPA。(国防高等研究計画局:アメリカン面白兵器研究所)

それでは皆様良き魔女ライフを。

トラックバック

TrackBackURL :

コメント

デビルトリガー : 2010/01/14 01:54
友人が今作をプレイした際、このトーチャーアタックを出したら彼のテンションが上がりました。
特にギロチンが良かった様で(笑)まぁ、僕は頭飛んでぶしゃー!の時、背面視点から正面視点で見ようと頑張りますが、自動的に演出でなればいいのにと…終わったら即戻ればプレイに支障も無いと思います。

実際このトーチャーアタック(友人が「父ちゃんあたっく」と呼びます。後、トーチャー=拷問だと知りませんでしたので、当初は造語だと思っていました;)は非常によろしい攻撃で、ギロチン、チェーンソー、三角木馬がお気に入りです。
これらを出すとスッキリします!!
ただ、ギロチンは処刑では?即死して拷問にならんでしょうに(笑)

コメントの投稿